暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

誕生日を迎えた母と義父

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

昨日、今日と東京はこの時期としては異常な感じの暖かさでした。
何でも5月並みだとか…。
半袖を着ていてもおかしくないということですね。

ちょっとウォーキングに出ても、すぐに暑くて腕まくりしたくなる陽気でした。
(上着は最初から着ていません…)

Sponsored Link

さて、昨日は私の母と義父のお誕生日でした。
双方の両親のうちの2人が同じお誕生日なんて!と、若い頃はこれも縁というものかしら?なんて思ったものです。

義父は同じ家にいますから、我が家の3人が揃って階段をトントンと上っていき、「お誕生日おめでとうございま~す!」と言って少しおしゃべりをして。
特にプレゼントもごちそうもありませんでした(^_^;)
先日のバレンタインチョコで兼用ということで。
89歳になった義父は、とても元気です。
歩くのも速くて、とてもその年齢には見えませんし、持病もまったくないというのもすごいな~と思います。
もちろん頭もしっかりしていて、今でも難しそうな本を読んでは、次男の役に立ちそうな本があればおすすめしてくれるくらい。
本当にありがたいことです。

午後には、85歳になった私の母に電話をかけました。
まず次男がかけて、夫、私の順。
男性陣2人は話も短いのですけれど、私と母の話は長くなってしまいました。
とりとめのない話が多く、何度も話したこともまた笑いながら話したりして。

母も現在治療が必要な大きな持病はないのですけれど、身体のあちこちが弱っています。
圧迫骨折を繰り返した背中はかなり曲がっていますし、やはり腰も痛くてあまり多くは歩けません。
補聴器を使っていますけれど、それでも声や音がとても聞き取りづらいようですし、目も加齢黄斑変性症を患っていますので、ゆがんで見えるそうです。
ですから、なかなか生活の中に楽しみを見出すのが難しいのですよね。

それでも、夫婦揃って過ごせることを幸せだと感じ、前向きな気持ちを持とうと努力しています。
昨日も、父がケーキを買ってきてくれたそうで、嬉しそうに話してくれました。

《もともと楽しいことがあまりないのに、コロナのせいで本当につまらない》と言うのを聞くと、こちらも切なくなります。
母にとっての一番の楽しみは、私たちや弟夫婦、孫たちに会っておしゃべりしたり、笑い合ったりすることなのです。
でも今は、それもかなわないわけですから、本当に楽しみを奪われた形になっているのですよね。

私もそのことがわかっていますから、少なくとも週に2回は電話をかけるようにしていますし、その電話が長くなることも構わないと思っています。
会うことが難しい分、ちょっとでも長く楽しい時間を持つことができたら…という思いです。

ま、それにしても昨日の電話は本当に長くて、電話を切ったらすぐに夕食の準備にかからなくてはいけない時間になっていました。
でも、元気そうな声が聞けてよかったです(*^^*)

我が家は双方の両親4人が健在です。
4人とも、自立して生活できていること、幸せだと思わなくてはいけませんよね。
でもときどきふと思います。
何かがあったときには、4人分重なってもおかしくないのだな…と。
そういう覚悟も、常日頃しているつもりです。

今は、その幸せを存分に味わって暮らしていこうと思います。
お誕生日はいくつになっても、やっぱり『おめでとう!』ですよね。
2人にとって、よい1日となっていたらすてきだなと思います。

Happy Birthday!



皆さまの温かい応援が励みになっています♪ 
下の写真をクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

いろどりのおと - にほんブログ村





Sponsored Link


2 COMMENTS

そめの藍

こんにちは。
お母さまとお義父さまのお誕生日が同じとは。実は、私も私と姑の妹と小姑の夫が誕生日が同じなのですよ。縁なのだなと思い、今の状況に諦めています。
ちなみに、以前読んだ記事によると、私とcamomileさんとは誕生日が2、3日しか違わないです。歳も同じです。
お母さまにしょっちゅう電話されているとは、お母さまも嬉しいでしょうね。
私は電話はしないし、たまにしか行かないのですが、帰り際にまた来てねと言われ、申し訳ない気持ちです。ほかの方のブログで毎日電話するというのを読んだこともあるので、各家庭それぞれですね。

返信する
camomille

そめの藍さん

こんにちは。
そめの藍さんのところも、お誕生日が同じご親族がいらっしゃるのですね。
我が家は、9月と10月に身内のお誕生日が集中しています。
ですから息子たちが小さかった頃は、その頃に集まってみんなのお誕生日会をしていました(*^^*)

そうなんですね!
そめの藍さんは私と同い年…しかも、お誕生日も近いのですね。
これも何かのご縁でしょうか。

両親は隣県に住んでいますので、行こうと思えばいつでも行けるのですけれど、東京から…というのがどうしてもひっかかるようです。
でも寂しいことは寂しいと。
その打開策は、電話しかないなぁと思ってかけるのですけれど、今の生活ではそうそう新しい話題もなく、お互いに元気な声を聞くことが目的かしら?
毎日電話していらっしゃる方、お近くに住んで毎日会いに行っていらっしゃる方、さまざまですよね。
近くても電話もしなければ会うこともないという方も。
それぞれのご家庭のやり方があるのだと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA