暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

次々に発掘される義母の洋服たち…

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

今日の東京は朝から雨~。
しかもとても寒いです。
夜中からかなり雨の音がしていて、あれ?こんな予報だったっけ?と夢うつつに考えていました。
少なくとも、昨日までは今日の予報に晴れマークがついていたはず…。
次男は外出するのに、おニューの白いシューズを下ろそうとしていたのですよね。
でもこの雨ではね~と断念しました。
残念だったわねぇ。

Sponsored Link

今日は午前中から義母の洋服の整理をしました。
前回は私ひとりで洋服を並べて写真を撮って…という作業をしたのですけれど、それがあまりに大変だったこともあり、夫が申し訳ながって今日はふたりで作業です。

実は前回撮った写真、義母は全く見ていないようなのですよね。
うつの状態があまりよくないこともあるのでしょうけれど、もうそういう面倒な作業はできないのかしたくないのか…ということのようです。
あの日の私の労働は徒労だったのかと思うと、ヘナヘナ~と力が抜けそうです。

義母の洋服のあまりの数の多さに、私たちで選んでしまうというのも結構大変なのです。
義母が、これは要る・これは要らないと仕分けしてくれれば、どれほど助かることか…。
今日は前回手を付けなかったチェストの中とか衣類ケースの中をチェックしました。

義母自身が片付けた部分もあるのでしょうけれど、義父が引っかき回して適当に押し込んだ部分も多くありそうで、とにかく季節無関係にぎゅうぎゅうに詰め込んであるのですよね。
しかもきれいにたたんでいませんので、しわだらけ。
写真を撮っても見てもらえないのでは仕方ありませんので、今日はとにかく明らかに要らないものを処分して、それ以外はきれいにたたんで季節ごとに仕分けして、種類ごとに紐をかけて衣類ケースに片付けました。

処分する衣類は、45Lのゴミ袋6つ分になりましたよ(^_^;)
それ以外に私がたたんだ洋服の枚数は、100着以上ですね。
ブティックの店員さんになった気分でした…なんて冗談を言っている場合ではなく足腰は痛いですし、果てしなく続く気分でしたし、なんとも不毛な作業だなぁと思いながらの動きでしたから、と~っても気が重かったです。

Sponsored Link

最初に《このあたりに入っているから》と義父から言われたチェストの引き出しから始めたのですけれど、そんなものではありませんでした。
その後も次々に、あの衣類ケースに…あそこのたんすに…屋根裏の茶箱に…と、洋服が続々と出てきます。
全部並べていては大変ですから、まず見に行くのですけれど、今日1日で全てを片付けるなんてとんでもない洋服の数です。

昼食をはさんで午後も作業しましたけれど、区切りのよいところでギブアップ。
床においた洋服をひたすらたたんで仕分けして…を繰り返していましたら、疲れ果てました。
夫である義父が見てもよくわからないという洋服を、私たちが見てもわかるはずはないと思うのですよね。
義父は《女性の目で見てもらえば》などと言いますけれど、要は自分がお手上げなだけだったのではないかと勘ぐってしまいます。
自分がやりたくないから、私たちに丸投げしたのだなと。

まだまだ山ほど残っている洋服がかかっているたんすを見ては、ため息をつく私です。
明日義母は、ホームを移動します。
本来入る予定のホームの準備がやっと整ったのですね。
そのときに、キャリーケース2つ分ほど洋服を持っていって、直接見せると夫は言っています。
それで自分で判断できればよし、できないようならこちらで適当によさそうなものを見繕って、あとは箱詰めしてしまおうと。
そして本人から《あの洋服は?》と聞かれるようなことがなければ、季節が1周したら処分するつもりのようです。

自分で選びたいかもしれないとか、思い入れがあるかもしれないと心を砕いてみても、それが通じないのであれば仕方ないというのが夫の意見です。
私は何だか切ないな…と思ってしまうのですけれどね。
本来はお洋服大好きな義母でしたから。

Sponsored Link

ある程度自分で仕分けしてからホームに入れれば、それが一番よかったのですよね。
本当に何も整理しないまま、家を離れてしまいましたので。
義父も呆れるほどの洋服と靴の数々…両方合わせたら、相当な金額だろうねぇと夫。
こんなによく買ったものだよ…と同じく呆れていました。
それがあれば、今後の暮らしも少し楽になったかもしれないのにね…なんて言っています。

正直なところ、もう義母の洋服の整理はしたくありません。
全部まとめて処分してよいのであれば別ですけれど…。
義母の気持ちを考えたり、少しでもホームで着やすいものはないかとか、少しはおしゃれっぽく楽しめるものはないかとか、そういうことを考えたりしながら仕分けするのにほとほとくたびれました。
薄情なようですけれど。

今日かけた4時間以上の時間、何も生み出さない不毛な時間だったな~と思うと、虚しくなります。
残りの洋服の片付けは僕がするよと夫は言いますけれど、仕事もありますし、夫にばかり負担をかけるのもどうかと思いますので、やっぱり手を出さないわけにはいきません。
ある程度割り切って、機械的に作業することも必要なのかしらと考えているところです。

あぁ、疲れた…。




皆さまの温かい応援が励みになっています ♪ 
下の写真をクリックしていただけると嬉しいです ♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

いろどりのおと - にほんブログ村


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA