暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

本当に継続は力なりなのでしょうか

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

今日は夫は趣味のスポーツの練習のため、6時40分に出かけました。
いえ、見ていたわけではありませんので、『出かけたようです』ですね(^_^;)
平日よりずっと早い5時50分起床…よくやるわね~と冷たい妻は思っています。
もちろん、私にとっては貴重な休日ですから、遊びに行く人のためには起きません。
静か~に出かけていただくことになっています(*^^*)

そんな私はすっかり寝過ごし、目が覚めたら7時半でした~。
まぁいいかと、ここから1日のスタートです。
夫がいませんので、お掃除も私の仕事。
いつもより1時間半ちょっと遅れのスタートでしたけれど、段取りがよかったのか、意外と早く家事を終えることができました。

Sponsored Link

何年も前からラジオの英語講座を聴いていた私、昨年の10月からは別のレッスンも始めました。
2か月間のそのコースを終えてからは、次のコースへと進み、4か月が経とうとしています。
2か月間のコースもそうでしたけれど、今回の1年間コースにもお休みはありません。
土日祝日も、年末年始もお盆も毎日ホームページのレッスンが更新され、課題提出の日も決められています。
毎日って、結構きついものがあるのですよ。
2か月間はわりとあっという間に終わってしまったのですけれど、1年間ともなるとさすがに長い!
若干息切れ気味になりつつあります(^_^;)

今考えると、以前のラジオ講座の聴き方は、《ただ聴いているだけ》だったなぁと改めて思います。
例えばパートに行っていたときは、片道30分弱でしたので、だいたい2回聴けるのですけれど、集中して聴いてはいなかったように思うのですよね。
自分が発音するパートでも、声に出すことはしていませんでしたし。

今のレッスンを始めてからは、課題提出が音声ファイルだということもあり、発音せずに済ませることはできません。
提出するとなると、ある程度納得できるものを出したいと思うのが世の常というものでしょう?
ですから、何度も何度も口に出して練習しますし、録音のやり直しだってします。
それに、月に1回ですけれど、1時間のオンラインレッスンでネイティブの先生と話をしなくてはなりません。
必死で聴き取ろうとがんばることになりますよね。

ですから、英語を口に出すこと自体のハードルは下がりました。
下手でもなんでも発話しないと、始まらないわけですものね。
私にとっては、まずはそれが一番の収穫です。
人に向かって英語を話すということが、私にとっての高い壁でしたから。

Sponsored Link

ただ、残念なことに、英会話そのものが上達したという実感が全くと言ってよいほどわかないのですよねぇ。
質問を投げかけられても、それに対してスムーズに答えられないのです。
何か言わないと!という焦りもあるのでしょうけれど、言葉が出てこない上に、語順がおかしかったり時制がおかしかったりと散々です。

これでも毎日、一生懸命取り組んでいるつもりなのです。
でも、昨日覚えたことを今日は忘れてしまっていたり、昨日は上手に言えたことが今日は言えなかったりの繰り返し。
今のまま毎日真摯に続けていけば、いつかパッと花開くときが来るのでしょうか?
今後、私が英語を使って何かをしなくてはならない場面が、そうそうあるとは思えませんので、純粋に趣味の世界なのです。
でもせっかく勉強するなら、上達したという実感が欲しいではないですか。

今年度から再開したラジオ講座2つも、とても興味深く聴いています。
まだ始まったばかりですけれど、頭の中が整理されていく感覚があります。
《ただ聴くだけ》にならないよう、自分なりに工夫して有効活用しようと少し努力しています。

こういう努力を継続していくと、いつか本当の力が身につくのだろうか…?
その思いは強くなるばかりで、自分の努力の方向が間違っていたり、要領が悪かったりしているのではないだろうかと考えて、右往左往しています。
継続は力なり!と心から信じられたらいいなぁ。
いつか花が咲いて実がなって…8か月後、1年後に自身に満ちた笑顔でいられる自分を想像して邁進しようと思います。




ランキングに参加中♪ 下の写真をクリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

いろどりのおと - にほんブログ村






Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA