暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

自分の時間をどのように増やしていくのか ~永遠の課題?~

趣味のクロスステッチや読書、体操、ちょっとした勉強などにかける時間を少しでも多く取りたい!
ここ数年、特に強く思うようになりました。
そのくせ、オトシゴロだからなのでしょうか、すぐに疲れてしまったりほんのちょっとの無理が利かなかったり…で、がっかりしたり悲しくなったりと空回りすることも増えました。

若い頃は時間はなくてもエネルギーがあった

息子たちが幼かった頃は身の回りの世話で大忙しで、毎日時間が飛ぶように過ぎていっていました。ほとんど一日中一緒に過ごしていましたので、日中は自由に使える時間などありませんでしたね。子どもたちが眠った後、夜更かしをして『ホントに好きなんだねぇ』と夫に呆れられながら小物や息子たちの洋服を縫ったりしていたものです。
二人とも小学生になって、静かな家の中でゆっくり過ごせる時間が少しだけできて。それでも小中学校はPTAや保護者会、何かの係、学校行事などで出向いていくことも結構多くて、自分の時間が増えたとまでは思えませんでした。毎年毎年、どちらかの学年で何かしらのお役を引き受けていたせいもあるのでしょう。

長男が小学校5年生、次男が小学校3年生の頃に在宅での仕事を始めましたので、またまた自由時間を手放したりもしました。
それでも、クロスステッチを始めたのもちょうどこの頃、ホームベーカリーを使っていろいろなパンを焼いて楽しんだり、お料理のレパートリーを増やそうとあれこれ作ってメモしたりするようになったのもこの頃なのですよね。今から15年以上前…体力も気力も充実していたのだなぁと、過去の自分が羨ましかったりします。

エネルギーがなくなってきた今は工夫次第

まぁでもね、過去を振り返ってばかりいても仕方ありません。若い頃ほどのエネルギーがなくなってきていることを嘆いたり抵抗しようとしたりするよりも、今の自分がすんなり受け入れられる方法を見つけていくしかない…と思い直して、この2年ばかり試行錯誤しています。

自分の生活リズムを見直してみる

10年ほど在宅の仕事を続けた後、6年前に事務のパートを始めました。職場はずっと同じなのですけれど、勤務時間は途中で変更になり現在は8時20分過ぎに家を出て、15時過ぎに帰宅する生活です。私の性格上、帰宅したときに家が散らかっていたり家事が残っていたりするとイライラしたりやる気が失せたりしてしまいますので、出かけるまでに一通り片付けておくことがポイントだと考えました。とにかく、気分よく15時以降の暮らしをスタートさせることが私にとっては大切なのです。

朝の家事をスムーズに

さて、出勤前に済ませておきたいことは…。お洗濯、部屋のお掃除、お風呂掃除、トイレ掃除あたりですね。もちろん朝食に使った食器が残っているのもNGです。これらが終わっていれば、帰宅後にバタバタすることはありません。夕食の準備までに洗濯物が片付けばよいのです。仕事が忙しくて疲れていても、暑い時期で汗が引くまでしばしへたり込んでいても、なんとかなります。

…とは言うものの。
大人ばかりの暮らしであっても朝食の用意や『いってらっしゃ~い』の見送りなどをしつつ、これらの家事をするのは結構忙しいです。しかも困ったことに、オトシゴロ世代の体調や気分の波は日によってアップダウンが激しくて。どうしても動く気になれない日がありました。そんな状態で無理に動いて、仕事に行く前に疲れ果てるわけにもいきませんし…。どうすれば『さっさとやってしまおう!』と自然に思えるようになるのかしら?

それぞれの家事にかかる時間を計ってみる

ふと思いついてやってみたのが、それぞれの家事の所要時間を計ってみることでした。例えば、いつものお風呂掃除でしたら8分くらいとか、ささっと床にモップがけするのも8分くらいとか。それによって、ひとつひとつの家事ってさほど時間がかかっていないのだということがわかりました。今朝はお風呂掃除が億劫だな…と思ったとき、『あ、でも8分あればできるんだから!』と思えるようになりました。
今は『ちょっと丁寧バージョン』と『通常バージョン』の2パターンのおおよその時間を計ってありますけれど、この際『簡単バージョン』もあってもいいなぁと思います。もう最低限、ここだけやればOKというライン。そうして家事のハードルを下げていくことで動きやすくなりました。

でも、それでも!『これだけの時間でできるんだから』と自分に言い聞かせてもやる気になれないときは…。それはそういう日なのです。身体か心がお疲れの日。そんな日は、もうさっさと諦めるに限ります。オトシゴロ世代には、そのくらいでちょうどよいです…きっと。

前日の夜にちょっとだけ片付けておく

自分がお風呂に入る時点で出ているものはお洗濯して、部屋干ししてしまいます。特に最近の東京は冴えないお天気が続いていて、どうせ外干しはできません。ですから半分だけでもお洗濯を済ませておけば、翌朝はとても楽です。夜間に扇風機の風でも当てておけば、洗ったものの半分以上は朝までにすっかり乾いています。

寝る前には、ダイニングテーブルの上やリビングのテーブルの上は片付けておきます。もともとあまり物を置いていませんので、広げたクロスステッチとか本などをしまうくらいですけれど。

書き出してみれば、まぁたいしたことはないけれど

多くの方が当たり前のようにやっていることばかりかもしれませんね。私の場合は、外で働いている時間も長くはないですし…。ただ、こういうことを意識するようになってから、以前よりも短時間で家の中がすっきり片付くようになったのは嬉しいことです。やるべき家事が終わっていないと落ち着いて趣味を楽しめないくせに、ダラダラと怠けているということもあまりなくなりました。

自分の好きなことをする時間は毎日確保できるようになりましたし、週末に家事を回すことがなくなった結果、週末の自由時間は格段に増えました。日々の家事をその日のうちに終わらせていると思えることは、私の精神衛生上はとてもよいようです。工夫と試行錯誤を繰り返しながら、よりよい方法を見つけていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA