暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

東寺~三十三間堂~お墓参り

明けて2日目の朝。
とても気持ちよく目覚めました。

今回のひとり旅では、京都でも有名な場所のうち、今までに行ったことのないところを訪ねてみようと考えていました。
ある意味修学旅行的な観光です。

私の立てていた計画は、詰め込みすぎだと夫から言われていて、多少その自覚もありましたので、さっさと支度をして出かけることに。
ホテルをチェックアウトして荷物をコインロッカーに預け、外に出てみましたら、キリッと冷たい朝の空気です。
目指すは東寺(教王護国寺)。
宿泊していたホテルからは、歩いても15分かかるかかからないか…という距離のはずでした。
五重塔が大きな目印のはずなのですけれど、駅前からは見えやしません。

私…地図を持っていても迷う人です。
なぜか方角がわからなくなるのですよね。
ただ、現代人ですからGoogle Mapが頼りになるはず!
だって、ナビだってしてくれるのですから。
…のはずが、どうも私のスマホのGoogle Map…指し示す方向がちょっとずれているみたい。
それを信じて歩くと反対方向だったりするのですから、困ったものです。

それでも道路には親切な案内が出ています。
東寺の方向さえわかれば、何とかたどり着けるというもの。
ま、15分で到着しなかったのはご愛嬌ですね。

最初に目に飛び込んできた五重塔。
まっさおな空に映えます。

ようやく東寺に到着です。

まずは弘法大師空海様にご挨拶をして…。
境内で写真を撮らせていただきました。

まず、金堂。

そして講堂。

色づき始めた木々も美しく映えていました。

そして食堂(じきどう)。

先ほどとは反対側から五重塔も見えました。

食堂で、御朱印もいただきました。
こちらでは、9種類もの御朱印をいただくことができます。
私がいただいたのは、そのうちの2つ。
1つ目は、もちろん弘法大師様のものです。

そしてもうひとつは、講堂の御朱印である大日如来様のもの。

これからも大切にしようと思います。

東寺を後にして、次は三十三間堂に向かいました。
歩いてきた道を逆にたどり、そこからも歩くつもりだったのですけれど、長い1日のことを考えてバスに乗りました。
京都での移動はバスや地下鉄が中心とはいえ、最近のバスは大渋滞にはまってしまうことも多いと聞いていましたので、歩けるところは歩き、交通機関は電車をメインにしようと思っていたのですよね。
ただ、東寺の往復ですでにちょっと足の疲れを感じてきていて…。
前日は全然何ともなかったのにな~。

心配したような渋滞もなく、あっという間に目的地へ。
前日訪れた京博の隣が蓮華王院三十三間堂です。

千手観音坐像と1001体の千手観音立像は圧巻でした。
40本の手を持ち、1本に25の救いが働いているという言われる千手観音。
静かに見ながら歩いていると、自然に手を合わせたいような気持ちになりました。
自分に似ている観音様、会いたい人に似ている観音様がいらっしゃるとのこと…探しきれませんでしたけれど、きっとどこかにいらしたのでしょうね。
風神雷神と二十八部衆も貫禄たっぷり。

こちらでも御朱印をいただいてきました。
お堂の中でいただくことができます。

観音様の御影もいただいてきました。

実は京都には、母方の祖父母が眠っています。
なかなか出かけていく機会もなく、もう30年くらい経ってしまったかもしれません。
『新幹線で京都を通るときに、こっちに向かって手を合わせてくれたらいいよ』と言っていた祖父ですけれど、やはり一度お墓参りをしたいと思っていました。
ようやくその機会が訪れて…三十三間堂を出て、徒歩で向かいました。
祖父母がいるのはここです。

静かなお墓の前で手を合わせ、長年のご無沙汰を謝り、家族みんなの報告をしてきました。
そして、東京を離れてひとり暮らしをしている長男…現在は関西にいますので、どうぞお守りくださいとお願いして。
いちいち報告しなくても、きっとお空の上から全てお見通しなのだろうなぁと思いつつ。

あれやこれやと話をしていると、様々な光景がよみがえってきて、なぜか涙が出てきました。
不思議なものですね。
亡くなってしまっても折に触れて思い出し、両親などと祖父母の話をすることもありますのに、こうしてお墓の前にいるとやはりもっと近くに感じます。

今回の京都行きで、祖父母のお墓参りを行程に組み込めて本当によかったと思いました。

この時点で11時。
早めのお昼を軽く食べて、次に向かうことにしたのでした。
歩数はとっくに10000歩を超えています。
歩き過ぎの予兆はすでに感じられます…よね?


2 COMMENTS

ほんわか

こんにちは。
カモミールさんのおひとりさま京都散策の場所はどこだろうとワクワクしていました。^_^
東寺に行かれたのですね。
京都駅から意外と距離を感じます。
随分前ですが、息子が東寺の敷地にある
高校に通っていて懐かしいです。
思えば東寺をじっくりお参りしたことがなかったなあ。
11時の時点で三十三間堂と大谷廟堂でのおお墓参り迄、素晴らしいと思います。
京都は歩き出したら止まらなくなっちゃう街ですよね(^.^)

次なる訪問先も楽しみにしています。

返信する
camomille

ほんわかさん

こんばんは。
本当に修学旅行みたいな散策なのですよ(^_^;)
事前にあまりゆっくり調べる時間もなくて…なのですけれど、とにかく京都を知らないのだから、基本に忠実に(!?)行ってみようと思いました。
息子さんの高校…私でさえ校名とその優秀さを知っている、すばらしい学校ですね!
東寺は朝8時台だったせいか、人もほとんどいなくてとても静かな空間でした。
京都は、見どころがたくさんあって、ついつい寄り道したくなってしまいます。
そして、どこでも歩いて行けそうな気がしてしまって危険です(*^^*)

次の機会があったら、ほんわかさんにぜひアドバイスをいただきたいと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA