暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

京都ひとり旅の最大の目的地-みすや針さん~旅の終わり

お針仕事をなさる方でしたら、『ふんふん、なるほど』と思ってくださるでしょうか?
特にクロスステッチのお仲間さんたちでしたら、『うんうん、わかる』かしら?

今回、京都へ行くことになり、単独行動する時間が長いことがわかってからすぐに、目的地のひとつに定めたのが『みすや針』さんでした。
こちらの針を使ったら、もう他のものは使えないとまでおっしゃる方がいる針。
一度は使ってみたいと思っていました。
通販でも入手できることは知っていましたけれど、いつか京都へ行ったらお店に立ち寄って…と憧れの気持ちを持って、その機会を待っていたのです。

二条城前駅から地下鉄に乗り、京都市役所前駅で下りました。
そこから河原町三条へ向かい、商店街へ。
三条名店街に看板(…というのでしょうか?通り沿いの上の方に掲げてある全店共通のもの)はすぐに見つかったのですけれど、入り口は…?

細い路地のようなところへ恐る恐る入っていってみましたら、そこには全く違う世界がありました。
時代を遡ったかのような小さなお店。
ウィンドウには針がたくさん並んでいます。

先客は外国からの方でした。
何種類も針を並べて、見比べていらっしゃいます。
それから、頭のところがかわいらしい動物の形をした待ち針(…でも飾り用かも?)を1本1本選んで…。
《Have a nice trip!》とお互いに声を掛け合えて、嬉しかった♪

もちろん私は、迷わずクロスステッチの針を求めました。
寸一と寸二。

柔らかい京言葉で説明をしていただきました。
『あぁ私は今、京都にいるんだなぁ』と最も感じた瞬間だったかも。

https://colorful-drop.com/wp-content/uploads/2019/08/profile-picture-1564827177.jpg
店主さん

今はSNSの発達で、外国人の方のほうが迷わずお店にいらっしゃいます。
日本の方のほうが、お店が見つからなかったりするらしいですわ。

外国からのお客さまにも人気…ということですよね。
料亭や旅館と間違えて、迷い込んでくる観光客もいるとのことでした。

風情のあるお庭もありました。

https://colorful-drop.com/wp-content/uploads/2019/08/profile-picture-1564827177.jpg
店主さん

メジロが来ますんでね。
みかんを挿してあるんですわ。
さっきまで来とったんですけどなぁ。

時間の流れ方までゆっくりな気がしました。
お店の説明や針の種類などを載せたパンフレットもいただいて。

帰りがけに、奥さまと思われる方とすれ違い、『おおきに、ありがとうございました』とおっしゃっていただきましたので、私がこのお店に憧れていたこと、どうしても来たいと思っていたことを夢中で話してしまいました。
『もったいないことでございます』などと答えていただき、なんだか感動してしまいました。

お店での滞在時間はさほど長いものではありませんでした。
でもやっぱり、行ってよかった! そう思いました。
お店の写真を撮らせていただきたいな…とちょっと思ったのですけれど、ここは私の心に留めて帰りたいようにも思いましたので、カメラは出さずじまいでした。

さて、思っていたより少し早めに予定していたところを回り終えました。
初日に行った河井寛次郎記念館で、チケットを1枚いただいていましたので、最後の力を振り絞って(冗談抜きで…)行ってみることに。
 (→ 初っ端から予定変更!? 河井寛次郎記念館へ
これは当初の予定外…です。
場所は京都駅にある伊勢丹から直結している美術館「えき」KYOTO。

私の大好きな…というか、興味を持って本を読んだりしている分野。
でもあまりに疲れすぎていたみたいで、さらりと回るだけになってしまいました。

この後、夕食用のお弁当や家族へのおみやげを手に入れて新幹線ホームへ。
家に帰り着いたのは午後10時前のことでした。

この日歩いた歩数は35000超。
歩き過ぎです。
足の親指の先が痛すぎて腫れぼったくなっていました。
多分最後の方は、歩き方もおかしくなっていたのだろうと思います。
足首あたりも、なんだかグラグラしていました。
鍛え方が足りない…と思うべきか、それだけ歩けば当然と思ってよいのか…?

京都は道路が東西と南北に格子状に通っていて、ひとつひとつの通りの名前もわかりやすく表示してあるので迷うことはない…と言われます。
でも、『そんなことはないよ~』が私の感想です。
私のような迷子体質の人は、反対方向に歩き出してしまうと次の通りにたどり着いて、名前が違っていることに気がつくまで、間違っていることに全く気づきませんからねぇ。
それでも、交通機関をあまり使わず、多くを徒歩で移動したことで街並みを楽しむこともできましたし、位置関係も少しは把握できたような気もします。

あまりにきれいでしたので、写真だけ撮った八坂神社。

また京都を訪ねる機会があったら、今度はちゃんと行ってみたいです。
京都は何度でも足を運ぶ楽しみのあるところですね。
楽しい2日間でした。

何回にもわたる京都ブログ、おつきあいいただいて本当にありがとうございました(о´∀`о)


4 COMMENTS

つぶあんこ

みすや針。
裁縫好きな母が使っていました。
とても懐かしいです(*´ω`*)

二日間の京都の旅。
camomilleさんと一緒に、
京都を歩いているような気持になりました。
とても楽しかったです。
(あ、私も筋肉痛が、、、(^^;

返信する
camomille

つぶあんこさん

みすや針は、やはりお裁縫をなさる方には有名なのですね。
大切に使わないと!
つぶあんこさんも、ご結婚まで京都にいらしたのですよね?
今回の京都行きを決めたとき、きっとすてきな場所をたくさんご存知なのだろうな~と、お知恵拝借したい気持ちでした。
つぶあんこさんがもし一緒に歩いてくださったら、歩数は半分で済んだかもしれません(^_^;)
筋肉痛、移っちゃいましたか…(^_^;)

返信する
ほんわか

素敵な京都をとても素敵な記事にして京都案内してくださってありがとうございました。
日頃も鍛えていらっしゃるからこそ、今回の驚異的な35000歩であったのかと思いますよ。
今回のカモミールさんの京都めぐりの場所を自分のセンチメンタルジャーニ―も兼ねて出町柳を起点に踏襲してみようかな。みやす針のお店も是非とも行きたいなあ。京阪電車も利用してみたいな。と思っています。

筋肉痛も今頃は解消されていますように。

返信する
camomille

ほんわかさん

長い長い記事を読んでくださって、ありがとうございました。
もう少しコンパクトにまとめたかったのですけれど、そのあたりはどうも修行が足りません。
もっともっと行ってみたいところはあります。
ただ、超初心者としては、まぁまぁいい感じに回れたでしょうか?
みすや針さんの異次元空間は、ぜひご体験いただきたいです。

筋肉痛は、2・3日で治まったのですけれど、足の親指の爪が紫色に変色してしまいました。
疲れすぎて、着地したときに足が前すべりして靴に当たっていたのでしょうね。
こんなのは初めてで、驚いています(^_^;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA