暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

マスクを外して過ごすことができるのはいつになるのでしょうか

今日の東京も32℃を超えました。
もっともっと暑い地域もありましたよね。
まだ身体が暑さに慣れていない時期、ましてや今年は自粛生活でSTAY HOMEが続き、外に出ること自体に慣れなくてはいけない時期…堪えますね。

私は今日もジムへ行ってきました。
正直、スポーツマスクだろうが何だろうが、マスクをして運動をするのは異常な光景だな…と毎回思います。
そうでなくても暑いのに、マスクをするともう心臓がバクバクしますもの。
エアコンはかけてあるようですけれど、換気のために窓が開いていますから、今ひとつ効いていませんしね。

6月の今でこの状態…もっと暑くなったらどうしよう?と本気で考えてしまいます。

Sponsored Link

今の私の生活では、繁華街へ行くことも電車に乗ることもありませんので、普段のウォーキングやお買い物への道中はマスクをしていません。
人と近づくこともありませんし、ただただ暑いだけですもの。

でも、お店に入るときはそうはいきませんよね。
それほど混んでいないからいいかな…?と思うこともありますけれど、人の目も気になってしまいますし、やっぱり『もしかしたら私も感染者かもしれない』という考えも浮かんでしまいますし。

お店の中にいる間だけでも、暑い~!と思うこともよくあります。マスクの下は汗がじわ~っと。上唇をなめると、なんだかしょっぱい(^_^;)
早くマスクを外したくて、さっさとお買い物を済ませます。

Sponsored Link

マスクを外して過ごせる日は来るの?

東京では、今日も新しい感染者数が40人を超えました。2日連続です。
この数字って、ゴールデンウィークの最後あたりの数と同じくらいなのですよね。
その頃って、全国的に緊急事態宣言発令中でした。
かなり緊張感の漂う生活をしていたのです。

でも今は東京アラートさえ解除され、さまざまな制限が緩められていっています。
その違いは何なのでしょう?

夜の街の人たちに集団検査をした結果出た数字で、無症状の人が多いから?
一部地域にかなり限定されたクラスターで、市井の状況はまた異なっているから?

やはり見えない相手が、またじわじわと広がるタイミングを見計らっているような、いや~な気持ちがすることに違いはありません。
《第2の波》を警戒しつつも、徐々に普通の日々に戻そうとしているということは、現在くらいの感染者数なら抑え込められていると判断してよいのでしょうか。

街にはだんだん人が出かけていくようになっています。
皆さん、マスクは暑いと言いつつも、不安ですと言いつつも、表情を見ているとそれほど心配しているようには見えないですね。
まだ先行きがどうなるかわかりませんので、私はこれからどうしていこうかなぁと思案中です。

それにしても。
マスクを外して電車に乗り、街へ出て、お店に入り、楽しく食事ができる日はいつやってくるのでしょう。
マスクによる熱中症を心配しなくてもよいくらい早く…は無理そうですよね。
そんな日は、ちゃんとやってくるのでしょうか?

1年中マスクをして外出するのが当たり前…のような暮らしはいやだな…。



ランキングに参加中♪ 下の写真をクリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

いろどりのおと - にほんブログ村



Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA