暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

耳鳴り・めまいと更年期

気分の落ち込みがひどくて受診し、漢方薬を処方していただいてから、少しずつ気持ちが安定してきました。
それでも、気分が上昇して元気になった!というわけではなくて、かなり低空飛行の状態での安定です。何もしたくないほど気分がふさぐ、ベッドから起き上がれないほど気分が重いということが減ってきた…という程度でした。

そんな私に次に訪れた症状が、耳鳴りとめまい。
更年期に現れやすい症状だということも知りませんでしたので、とても心配しました。
…というか、この頃は次々に新しい症状がやってきて心配ばかりしていたような気がします。

就寝時に特に気になった耳鳴り

ある夜、そろそろ休もうと思ってベッドに横になった時に初めて耳鳴りを感じました。
耳鳴りの聞こえ方は人によってさまざまなのだそうですけれど、私の場合は拍動に合わせて『キュンキュン…』という音が聞こえるというものでした。最初に気づいたときはかすかな音で、比較的すぐに治まったように覚えています。

その後、耳鳴りは常態化していきました。最も気になるのは就寝時…という状況は変わりませんでしたけれど、日中でも静かな場所にいるときや疲れているときなどには『キュンキュン…』という音がずっと鳴っていて、それこそ耳障りとしか言いようがありません。耳を塞いでみたところで、外からの音ではないのですから変わるわけもなく…。横になっている時は身体の向きによって多少音の大きさが違いましたので、少しでも音の小さい体勢を…と工夫するくらいしかできることはありませんでした。

めまいも伴うように…

程なくして、めまいもするようになりました。耳鳴りと完全に連動してるわけではなく、こちらは起床時の症状が最もひどかったです。それでも、耳鳴りがあまり気にならないことが続くと、めまいもあまり起こらなかったように思います。

耳鳴りもめまいも更年期に起こりやすい症状なのですよ

婦人科を受診するタイミングで、相談してみました。婦人科で聞いても仕方ないのかしら?とも思ったのですけれど、かかりつけの耳鼻咽喉科というものを持っておらず、よさそうな病院を探している間に婦人科の予約日が来たのです。

そこで医師から聞いたのは、耳鳴りもめまいも更年期の代表的な症状に含まれているということでした。
これもエストロゲンの減少が原因となって起こるそうなのです。

エストロゲンの減少により…
・自律神経が乱れることでめまいを引き起こす
・血圧や内耳の血管に影響を及ぼして耳鳴りが起こる原因となる

…というようなことを話されました。
これに加えて、疲れやストレス、不眠、気分の落ち込みも要因となるとのこと。
まさに当時の私です。

一度は受診したほうがよい

それなら、耳鳴りもめまいも更年期症状だということでそのままにしておいてよいのかというと、そういうことでもないようでした。
もしまだ続くようであれば、病気が隠れていないかどうかを調べてもらっておいたほうが安心ですよ!とのこと。

…ということで、耳鼻咽喉科を受診、機能的には問題なく病気というわけでもないとの診断でした。
ただこのときに言われたことが、後日とても役立ったのです。

もし耳の聞こえが悪くなったときは、すぐに受診してください

耳鳴りもめまいも、うまくやり過ごしていくしかなさそうでした。病気ではないということで一安心…と言いたいところでしたけれど、まぁ辛いものは辛い。
どちらもひどくなったり、少し落ち着いたりを繰り返しながら長く続いた症状でした。

突発性難聴は早い治療が大切

ある朝目が覚めると、片方の耳の聞こえが悪くなっていました。音がこもったように聞こえる感じもありました。
これが耳鼻咽喉科の先生のおっしゃったことかしら?と受診したところ、聴力検査を経て『突発性難聴の疑い』と診断されました。
大きな病院への紹介状をいただいて翌日受診、さらに詳しい検査をしてその診断が確定しました。ここでまた、お薬が増えることとなり…。それでも2週間ほどで聴力はほぼ元に戻り、1ヶ月後には完治しました。ひとつ心配事がなくなって、ホッとしたのを覚えています。

突発性難聴の予後は決してよいとは言い切れないようです。
完治する人は3分の1、回復はしても難聴が残る人が3分の1、そして残りの3分の1は改善が見られないとのこと。
しかも、発症から1ヶ月程度で聴力は固定してしまうということでもありました。
ですから、とにかく早めの受診-1週間以内-が大切なのだそうです。

もしこのブログを訪れてくださった方で、同じような症状をお持ちの方がいらしたら、ぜひ早めに受診なさってくださいね。

耳鳴り・めまいの現状

初めて耳鳴りを感じたのは、5年ほども前のことです。
耳の中というか頭の中で音がしているのはもう当たり前…という状態が長く続いて、このままずっと治らないのではないかと思っていました。
ところが、今年になってめまいを感じる回数がとても減っていることに気がつきました。そして、そういえば耳鳴りもしない!?と。耳鳴りって、音がしているときは気になるのですけれど、音がしないということにはなかなか気がつかないのかもしれません。

今思うと、この症状がひどかったときは貧血の状態もあまりよくなかったときでした。血流なども関係するということは、貧血の影響もあったのかもしれない?とこれは自己判断。

このまま治まってくれることを心から願っています。

 

2 COMMENTS

*ururu*

私は更年期がいつからいつまでだったか定かではありませんが40代の時突然酷いめまいに襲われて一週間起き上がれませんでした。
でも横になって目をつぶっていてもぐるぐる回るのであの時は本当に辛かったです。
ちょっとましになった時ネットで調べ、酔い止め薬を買ってきてもらい飲んだりと色々試したのですが全く効果が無くて・・
でもある時ハッと気づいたのです。もしかしたら更年期?って(^^;)
それでCMでよく見かけた命の○を試していたらめまいになる時の感覚が伸びていき次第に良くなっていったのです。(偶然かな?)
めまいってまたなったらどうしようって不安になりますよね。
それも良くないのでめまいになってない時はめまいを忘れるような趣味に没頭するのが一番かもしれません。
私にはなかったけれどcamomilleさんには素敵なステッチの趣味もあるしきっと大丈夫!
めまいの辛さはなった人にしか解かりませんよね。
camomilleさんのめまいがこのまま治まってくれるよう私も祈っています (*^^*)

返信する
camomille

*ururu*さん

温かい励ましと経験談、ありがとうございます。
そうそう!横になって目をつぶっていてもぐるぐる回るのですよね。
最近は耳鳴りもめまいもあまり起こらなくなって、本当に嬉しいです。
酔い止めの薬が効くというのは私も読んだことがありますが、やはり効果がある人とない人がいるのでしょうね(T_T)
上手に気分転換をすることもきっと大事なのだと思い、できるだけ自分の時間を作ろうと思います。
何となく不安定な体調から、早く抜け出したいものです…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA