暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

midlife crisis-中年の危機

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

関東・甲信越地方、梅雨明けです!
名の前触れもなく、突然明けた印象です。
昨日までは何だかグズグズしていましたからね。
ちょっと様子を見て…と言うまでもなく、気圧配置が夏のものになったということなのでしょうね。
梅雨明けと同時に、最高気温も上がっております~。
今日の予報は33℃…うんうん、そうでしょう!という体感ですよ。

おかげさまで、お洗濯物はと~ってもよく乾きました。
全員分のパジャマもカラッカラです(*^^*)
夏は大嫌いですけれど、これだけはいいですね~。

Sponsored Link

さて、私が受講している英語のオンライン講座、今日のテーマは『midlife crisis』でした。
その言葉どおり、『中年の危機』です。
これは、中高年特有の心理的危機、中高年が陥るうつ病や不安障害のことを言うのだそうです。
まさに私?と思いながら聞いていました。

そうか~。
中年と呼ばれる年代になると、こういう状況に陥る人が多いのは万国共通なのね…などと思いながら。
特に女性の場合だと、更年期障害と重なって辛い人が多いのも、万国共通なのかしら?
私もうつに近いくらいの気分的な落ち込みとか、不安感・ざわざわ感に悩まされてきましたし、今でも完全になくなっているわけではありません。
『midlife crisisなの~』と言うと、みんな同じでしょ?私もなのよ!みたいな、受け取り方をしてもらえたりするのかしらね?

ヨーロッパでは『ウィンターブルー(冬鬱)』も多いそうです。
winter depressionともseasonal depression(季節性うつ病)とも呼ばれるとか。
冬が長くて暗い時間が長い地方が多いから?

It will never happen to me.(私には決して起こらない)と思っている人にも、Suddenly, you’re questioning everything.(突然全てに疑問を感じる)瞬間がやってきたりするという話題でした。
講師の方は、とても明るく、いつも笑顔の先生なのですけれど、自分にも『emotional crisis(感情の危機)』として訪れたとおっしゃっていました。
感情のアップダウンが激しくなって、辛い時期があったと。
そういうお話をうかがうと、共感もしますし、少し勇気も湧いてきますよね。

Sponsored Link

通院したり服薬したり、自分で感情のコントロールをする努力をしたりしながら日々を過ごし、今は比較的落ち着いている私ですけれど、何日も何日も雨が続いたときなどはやはり精神的に不安定になったりしていました。
つい最近のことです。
これが更年期の時期だけの一過性のものなのか、これから先もずっと付き合っていかなくてはいけない感情なのか、私としてはかなり気になるところ。

年齢とともに、身体の不具合は増えてきますし、高齢の両親の心配事も多くなってきます。
こうしたストレスに立ち向かっていく、心身のエネルギーを蓄えていきたいところなのですけれど、今は自分の身を守ることも大事…という状態になっています。
ですから、更年期を抜けたら、もっと精神的にタフになれていたらいいなぁと思うのですよね。
こればっかりは、もう少し先になってみないとわかりませんけれど。

Sponsored Link

今日こそは、新しいコンロのグリルでパンを焼いてみようと、今準備をしています。
夕食に間に合うように焼き上げるつもりです。
うまく焼けたらご紹介しますね ♪

いつまで経っても記事にならなかったら…どうぞお察しくださいm(_ _)m



ランキングに参加中 ♪ 下の写真をクリックしていただけると励みになります ♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

いろどりのおと - にほんブログ村
Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA