暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

国立西洋美術館 『ハプスブルク展』

これは行きたい!と思っていた展覧会。
幸運なことに、チケットを2枚いただくことができました。
ただし、展覧会の会期が1月下旬までなのに対して、チケットの有効期限は今月いっぱいです。

Habsburg

混まないうちに来てね!

…ということなのでしょう。
会期終了が近づくにつれて、混雑はひどくなりますものね。

昨日は夫が有給休暇を取っていました。
週末よりはすいているでしょうということで、Let’s GO!です。
私はその前にひとつ行っておきたいところがありましたので、途中駅で待ち合わせをすることにして。

先に早めの昼食をいただいて、美術館に入ったのは12時半くらいでしたでしょうか。
程よい混み具合(!?)でした。

中世から20世紀初めにかけてのほぼ600年間、ヨーロッパで広大な国土を持ち、絶大な権力を誇り、数々の国の国王や皇帝の家系となっていたハプスブルク家。
その間に蒐集し、政略結婚などによりさらに蒐集品を増やしていったハプスブルク家の美術品は見ごたえがありました。
甲冑などもかっこよかったな~。

普段はあまりグッズなどは購入しないのですけれど、あまりにかわいらしかったのでチケットの絵柄にもなっているマルガリータ・テレサのチケットホルダーを求めました。
もうひとつ、マリー・アントワネットと。

夕食もお店を予約してありましたので、一度帰宅してのんびり過ごしてから再びのお出かけ。
これも少し早めに出て、書店などをのぞき、おいしいお食事とワインに舌鼓を打ってきました。
ウォーキングの距離もしっかり稼ぎ、何だか充実の一日でした。

少し疲れていたのか、いつもよりワインが回る感じがしたのはナイショです(*^^*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA