暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

次回作の候補

とても気に入っている作品があります。
ちょうど3年前にステッチしたもので、額装して以来ずっとリビングの壁に飾ってあります。

teatime

☆ オノエ・メグミ 赤毛のアンの物語 『お茶の時間』
☆ オリムパス製絲

朝ドラで『花子とアン』を放送した翌年くらいに購入したのだったと思います。
まだ余韻が残っていたのでしょうか? 一目ぼれ…でした。

実は、ステッチが完成してから額装するまで1年ほど置いてありました。
ステッチを始める前からイメージしていたフレームがあって、焦らずに気に入ったものを探そうと思っていたのですね。
お花のピンク…淡い方のピンクと同じような色のフレーム。
そして、少しつやっと光沢のあるフレームを…と。

オリジナルのフレームも販売されているのですけれど、細くて白い枠がちょっともの足りない感じがしてしまって。せっかくステッチした左上の窓の一部が隠れてしまうのも、もったいないかな~と。

…で、ようやく見つけたフレームがこれでした。
仕上がりは、まさに私のイメージ通り。お店で箱を開けたときには《うわ~♪》と感動したのを覚えています。
マットもきれいな楕円に切っていただけましたし。
ある程度マットの幅を取ろうと思うと、左上の窓にかかってしまうかもしれないと言われていたのですけれど、きちんと全体が見えるように仕上がっています。
さすがプロ!

さて、ようやく本題。
《Shopping Street》と並行してステッチする作品の候補のお話です。
この、『赤毛のアンの物語』のシリーズをもうひとつ仕上げたいと思っています。
同じフレームに入れて並べて飾ったら、きっとすてきだろうな~。

キットとしてひとつ持っているものがあります。
でも、オノエ・メグミさんの本の中から少女のシルエットのものをステッチしてみるのもいいなぁと思ってみたり。それは『赤毛のアンの物語』ではないのかもしれませんけれど。

私がもうひとつ持っているキットはこちらです。

こちらもかわいらしいでしょう?
それに、とてもステッチしやすい作品なのです。
布はジャバクロスですので、布目も大きめ…13カウント相当ですね。
細かいプチポワンと並行するにはピッタリかも!?
もう少し迷って決めようと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA