暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

巨星墜つ

野村克也さんが亡くなられました。
野球大好き、特にヤクルトスワローズファンの我が家です。
一昨日の朝、次男が部屋から飛び出して来てその訃報を知りました。
その日以来、何かにつけて野村さんの話をしているような気がします。
直接存じ上げているわけではありませんのに、寂しくて悲しくて。

野村監督の現役時代の姿はほとんど記憶にありません。
当時はまだパ・リーグの人気はあまりなくて、試合のテレビ中継もありませんでしたから…。
私の知る(…と言っても、メディアを通して)野村監督は指導者としての人でした。
ヤクルトの監督時代の姿…ベンチではいつも捕手の古田さんを傍に置いて何やら話していらっしゃいました。
他球団を戦力外になった選手を再び日の当たる選手へと導く《野村再生工場》の工場長でもありました。
ご自身にも厳しいけれど、選手にも厳しいというイメージで見ていました。

パ・リーグでは楽天を一番応援していますので、楽天の試合もよく見ていました。
田中将大投手を評するコメントがおもしろくて、野村語録を楽しみにしていた覚えがあります。

野球に対しても、人に対しても鋭い分析力を持ち、『野村-野球=ゼロ』とご自身でおっしゃるくらい野球一筋。
人一倍努力家でいらしたとも聞いています。

訃報が伝えられた後、現役選手や監督・コーチ、元選手たちが次々に話をされていましたね。
ある人は涙を流しながら、ある人は目を真っ赤にして。
あぁ、この人もこの人も野村監督に育てられたんだ!
恩義を感じている人がこんなにたくさん!
プロ野球に関わった人で、野村監督の影響を受けなかった人はいないのではないかと思うほど多くの人が、野村監督の逝去を悼んでいました。

愛妻家としても一面もお持ちでした。
奥様の沙知代さんが亡くなられた後は、見ていられないくらいの落ち込みようだと無関係の私たちの目にも映りました。
急に年を取られ、元気もなくされたようでした。
『誰もいない家に帰るのは寂しい』
『早く奥さんのところに行きたいよ』
こうした言葉をよく口にされていて、あれほどの強い方がこんなに弱くなられるのかと心配でした。
心底寂しくていらしたのだろうと思います。

今ごろ、天国で再会なさっているでしょうか。
『あなた、早すぎるわよっ!』って叱られながら、ニコニコしていらっしゃるかもしれません。

華々しかった王貞治さんや長嶋茂雄さんと比較して、ご自身を『月見草』にたとえていらっしゃいましたね。
でも野村監督! 
監督が亡くなられた翌日の新聞、社会面もスポーツ面もそれぞれ1面を使って《野球人野村克也》のことを報道していましたよ。
こんなに大きく取り上げられた方を見たことはありません。
野球界に残された数々の教え、きっと次の世代が伝えていきますね。

つば九郎がブログで言っています。

ぜひとも、ことし、やくるとすわろーずのみんなには、てっぺんをとってのむらかんとくに、どーだ!!!ってみせてあげたい。

つば九郎ひと言日記

本当にそのとおりです!
ヤクルトスワローズの皆さん、期待していますよ!
優勝してもしなくても、野村監督はこっそりベンチでぼやいていらっしゃるのだろうな…と思います。

野村克也監督、長い間お疲れさまでした。
でも、とってもとっても寂しいです。

ご冥福をお祈りいたします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA