暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

4人の両親が高齢になっていくことが怖くなってきました

さて、そんなわけで明日(あ、もう今日ですね)からまた実家です。
自宅での5日間はあっという間でした。
美容院・整体院でのマッサージ・通院・新宿へちょこっと…と連日出かけてしまい、疲れはわりと残したまま…です。
他の用事もいくつかありましたしね。
わりとのんびり過ごせたのは、今日だけでした。

今回の実家行きは、父の術後初めての外来受診に付き添うためです。
だからパス!というわけにも行かず…。
父もまだ元通りというわけにはいきませんから、気がかりではあります。
でも、もっと心配なのは母。
疲れが出たからなのか、もともとのいくつかの持病が何か悪さをしているのか、今日の電話では不調を訴えていました。
明日受診したいので、少し早く来てもらえないかという依頼…辛いのかな。

これで母まで何か処置の必要な状態になってしまっていたら、どうしよう?
長期間滞在する閉塞感には、ちょっと参っています。
かと言って、頻繁に行ったり来たりするのもきっと負担は大きいでしょうね。
また新たな方法を考えなくてはならないかもしれません。
どちらにしても、自宅が何事もなかったようにキープされていることが今の私の救いになっているのですけれど。

4人の両親が健在な我が家。
これまでは、多少の怪我や病気・不自由などがありつつも比較的元気に過ごしてくれていました。
でも今回のことで、これからはこういうことが続くのだろうか、順番に…も大変だけれど、重なったらどうしよう…などとさまざまな不安が胸をよぎりました。
もちろん、今までも頭ではいろいろと考えてきたつもりでしたけれど、考えてもいなかったことが起こるのは当然です。

私自身もだんだん年を重ねていきます。
50代半ば…まだ体力も気力もある年齢ではあるかもしれません。
でも、更年期真っ最中だからなのか、私の性格に由来するものもあるのか、体力も気力も今ひとつ充実してはいないのです。
父の体調が優れなくなってからの2か月と少し、比較的よい体調でやってこられたと思います。
日々身体の声を聞きながら過ごすことを心がけたくても、なかなかそうはいかない状態だったわりには、よくがんばったな~とも思います。
ただ、精神的には積み重なったあれこれに影響を受け始めているのを感じています。

このところ治まっていたざわざわ感、不安感、焦燥感といった落ち着かなさが現れる日が増えてきています。
また、これもしばらく治まっていた耳鳴りと耳がふさがった感覚も感じることがあります。
先日行った整体院では、やはり精神的なストレスに由来する筋肉のハリを強調されました(^_^;)

なるようにしかならないし、なるようになる。
とりあえず今は、日々のひとつひとつにきちんと対応していくしかありません。
これまでは両親が4人揃って健在であることをありがたいと感じていた私でしたけれど、最近はちょっと怖いと思うようにもなってしまいました。

少し心が弱っているのでしょうか。
きっとそうなのでしょうね。

明日はまた元気な顔で両親のところに行ってきますね!
またしばらく更新が空いてしまうことになりそうです。
戻ってきましたら、よろしくお願いいたします(*^^*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA