暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

淡々と過ごす雨降りの日

東京地方、久しぶりに本格的な雨が降りました。
ザーザーと音を立てて降る雨、窓ガラスがびしょ濡れになるような雨はいつ以来でしょう。そして、長い傘をさして歩くのも。

カラッカラに乾いていた空気も地面も、少しは潤ったのかしら?
喉にもお肌にも本当に過酷な日々でしたから、ちょっとホッとしています。

相変わらず低空飛行中の私、昨日よりはちょっとだけマシかな…?と思います。でも短期間での変化に一喜一憂しても仕方ないことも知っています。きっかけというきっかけなしに、上がったり下がったりするものですから。

こんな気分の今、仕事があることに救われています。『仕事に行かないと!』と考えることで、そこそこまともに動けているような気がします。それがなければ、昨日今日あたりはなかなか起き上がれないかもしれません。
多少ぼーっとしているに違いありませんので、ミスだけはしないようにとできる限りの注意は払って過ごしています。さほど忙しい職場ではないのが救いなのかも!?

出社してしまえば、職場の方と話をしたり笑ったりする機会がありますものね。気も紛れます。とにかく淡々と業務をこなし、時間の経過を待っている感じでした。
まぁ、《仕事に行ける程度の症状だからたいしたことはない》という見方もできるのかもしれませんけれど…。

夕方からは半年前に予約した歯科定期検診の日。
これももう、とっても気が重くて行きたくなくて、予約変更をしてもらおうかと何度も考えました。
でも、治療をするわけでもなく(痛いことをするわけでもなく)、小一時間我慢すれば解放されること。ここで先延ばしをすると、重い気持ちを引きずるだけだから!と何とか行ってきました。
終わってしまえば肩の荷も下りますし、また半年間は行かなくてよいのですものね。
ちょうど雨も上がって、晴れ間が見え始めているときでした。ちょっときれいになったような空気の中を歩いて往復したことも、意外と気分転換になったみたいです。

夕食の用意も《もし途中でダメだ~となってしまったら、帰宅してきた誰かにバトンタッチしよう!》というつもりで始めました。キッチンに立ってしまえば何とかなったのは昨日より一歩前進…かしら?

《焦ることはないよ》《がんばりすぎないで》《ゆっくりだよ~》という家族からの声も、嬉しいと思う半面、申し訳ない気持ちになってしまいます。こういう気分のアップダウンに巻き込まれる方は、たまったものではないだろうと思いますので…ね。
《こんなジュースだったら飲めるんじゃない?》などと買ってきてくれる気持ちを考えると、早いところ立ち直りたいと思うのです。

それでも以前よりは少し上手に付き合えるようになっていると思います。気持ちのアップダウンをコントロールすることは難しいですけれど、《なるようにしかならない》と考えて、無駄に足掻こうとしなくなっている分、少しは楽に過ごせるみたいです。

2月・3月ごろは苦手です…。
《あわてない、あわてない…》と唱えつつも、やはりちょっとでも早く上昇したいな~と思ってしまいますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA