暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

プチクラス会

昨夜は、とても楽しい時間を過ごしました。

初めて出逢ってから36年の月日が流れました。
入学した大学でたまたま同じ第2外国語を選択し、同じクラスに組み込まれたという、言ってみればそれだけのご縁です。 
サークルや専門に共通項はなく、それなのにこんなに親しいお付き合いが続いていること、ちょっと不思議な感じもしますね。

今回は、海外で暮らす仲間の一人が一時帰国するのに合わせて、集まることになりました。
彼女は少なくとも年に1度は帰国します。
多いときはもっと。
そして、そのたびに集合がかかるようになったのは、つい3年ほど前のこと。
それ以前は、ともすると10年近くも集まれなかった時期もあったのですよね。
なんとなく『いつものメンバー』みたいな6人がいます。
嬉しいことに、その中に私も入れてもらっています。

ちょっと大きめの規模で集まりたいときは、そこから連絡を取れる人につなげていって人数を増やすこともありました。
でも今回は、『会いたい』という話が持ち上がってから実際に集まるまで1週間あるかないかでしたし、お店が決まったのは金曜日。
いつものメンバーだけでわいわいとおしゃべりしてきました。

おいしいお料理とおいしいお酒、それをさらにおいしくしてくれるのは楽しい話題…ですね。
昔話にも花を咲かせつつ、《今一番の趣味はな~に?》などの話も盛り上がりました。
それぞれの子どもたちも高校生だったり、社会人だったり、結婚の話があったりとさまざま…人生の大きなイベントも次々にやってくる感じ。

ゲラゲラと笑うような話題もあれば、文化的な話題も政治的な話題もあり、周りから見るとちょっと変なグループだったかもしれません。

ただ、気持ちは大学生の頃にタイムスリップしたようではあっても、私たちも50代半ばです。
高齢になった両親にはさまざまなことが起こっています。
私の父がそうであったように、どこかを手術したり、耳が聞こえにくかったり、持病があったりとそれぞれに大変。
そして自分自身の健康管理もそれぞれに大変。
《定年》という言葉も目前に迫りつつあります。

それでも笑顔でいつもの6人で集まれたこと、本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいでした。
久しぶりに、日付が変わる直前の帰宅。
うん、まだまだ夜遊びもできるね!

《そうだ 京都行こう》の企画も帰国した彼女とのお出かけです。
一緒に動くのは半日ですけれど、とても楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA