暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

七十二候『蟋蟀在戸』

七十二候 『蟋蟀在戸』

10月18日頃から22日頃までは、七十二候では『蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)』。
2019年は10月19日からとなっています。
七十二候のうちの第五十一候、二十四節気『寒露』の末候となります。

《キリギリス(秋の虫)が戸口で鳴く時期》という意味、昔はコオロギのことをキリギリスといったようです。
江戸時代の貞享暦では『蟋蟀在戸』を「こおろぎとにあり」と読ませています。

コオロギとキリギリス

虫が苦手な方にとっては、《とんでもないわっ》というお話ですけれど、コオロギとキリギリスの区別、つきますか?
 (写真などはありませんのでご安心を…)
どちらも同じバッタの仲間、ざっくり言うとコオロギは茶色、キリギリスは緑色…でしょうか。
キリギリスの方が細長い体をしていますよね。
どちらも、声はすれども姿は見えず…で、めっきり見かけることはなくなってしまいました。

キリギリスの鳴き声は『ギーーッ、チョン』という感じですね。
コオロギは種類によって鳴き声も異なっているようで、『蟋蟀在戸』で想定されている蟋蟀は、『リーリーリー』と鈴のような音色を響かせる、ツヅレサセコオロギだと言われています。

季節的にはどういう時期?

本格的に秋になる…という頃ですね。
実際、最近冷え込む日が急に増えてきました。
『秋の夜長』という言葉もあるように、夏の夜が短いせいか、夜の長さを感じます。
「リーリーリー」というコオロギの声を聞きながら、静かに読書や趣味の時間を持てたらすてきですね。
栗や梨など、おいしいものもたくさんある季節です。



2 COMMENTS

つぶあんこ

本当に、コオロギもキリギリスも
見かけることがなくなりましたね。
それでも、夕方になると「リーリー」と
どこからかコオロギの声が聞こえてきます。
朝晩も冷え込むようになり、日が落ちるのも早くなって、
やっと本格的な「秋」ですね(^^)

camomilleさんの「七十二候」とても勉強になります。
これからも楽しみにしています(^^)/

返信する
camomille

つぶあんこさん

秋の虫は、声だけ聞いているのが平和かもしれません(*^^*)
姿は見えなくてもいいかなぁ…と。
本当に、あっという間に日が落ちる時間が早くなりましたね。
そして、朝はなかなか明るくならなくて。
暑さから解放されてバンザイですけれど、寒くなるのも早すぎますね。

七十二候は私もまだそれほど詳しくはないのです。
ですからお恥ずかしいのですけれど、ちょっとずつ知ったことをノートに書き留めていて、
それをブログに書いている感じです。
少しでも楽しんでいただけると嬉しいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA