暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

二十四節気『小雪』・七十二候『虹蔵不見』

二十四節気 『小雪』

11月22日頃は、二十四節気の『小雪(しょうせつ)』です。
北国や山沿いから雪の便りが届く頃。
北風が木々の葉を舞い散らしていく時期で、特に平地では冬とはいえ、雪の季節というよりも雪はさほど多くない落葉の季節といえるのかもしれません。
冬の入り口にあたる時期です。

七十二候 『虹蔵不見』

11月22日から26日頃までは、七十二候では『虹蔵不見(にじかくれてみえず)』。
七十二候のうちの第五十八候、二十四節気『小雪』の初候となります。
《虹を見かけなくなる時期》という意味です。

日が短くなり、雨も少なくなり乾燥する時期ですから、虹を見られることも少なくなります。
見えたとしても、淡い色の虹となります。
白くぼんやりと見える虹にも名前がついていて、《白虹(はっこう)》《霧虹(きりにじ)》などと呼ぶそうです。
豊かな表現ですね。

『蔵』という字には、《潜む》という意味があります。

風花

風花(かざはな)とは、風に運ばれてきて、ちらちらと花びらのように舞う雪のかけらのことを言います。
北の国や山岳地帯で降った雪が風花となって、平野部でも見られるのですね。
とても風情のある呼び方だと思います。

勤労感謝の日

11月23日は『勤労感謝の日』です。
もともとは、秋の収穫に感謝を捧げる《新嘗祭(にいなめさい)》の祝日でした。
新嘗祭は天皇がその年の新米や新酒を神様に捧げ、自らも食すという儀式です。
こうした儀式は、今でも宮中や伊勢神宮など各地で行われています。

太陽暦が採用されてから11月23日と定められました。
そして、昭和23年(1948年)以降は、国民の祝日ともなっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA