暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

二十四節気『白露』・七十二候『草露白』

二十四節気『白露』

9月7日頃は、二十四節気の『白露(はくろ)』です。
暦便覧によると《陰気ようやく重なりて、露凝(こご)りて白色となればなり》。
《陰気》とは《陽気》とともに万物を構成している気のことをいい、春夏は陽、秋冬は陰となります。

秋が深まり、草花の葉先に透明な露が結び、白く光って見える頃です。
日中と朝晩の寒暖差が大きくなると、朝には草や枝に露がつきやすくなります。
ようやく残暑も落ち着いて、朝夕の涼しさが心地よく感じられる頃です。

今年に限って見れば、残暑が落ち着いた…とはまだ言えませんし、朝夕の涼しさというものもあまり感じられませんね。
夏が少しばかりがんばりすぎているようです。

Sponsored Link

七十二候 『草露白』

9月7日から11日頃までは、七十二候では『草露白(くさのつゆしろし・そうろしろし)』。
七十二候のうちの第四十三候、二十四節気『白露』の初候となります。

《草や花に降りてきた朝露が、白く光って見える時期》という意味です。

朝晩と昼の寒暖差が大きくなり、夜の空気が冷やされることで大気中の水蒸気も冷やされて早朝に水滴となる、これが露です。
日中は多少暑くとも、夕方以降にすっと気温が下がってくる季節になるということなのでしょうね。
今年はまだ実感できませんけれど…。

月も美しく見える時季であることから、露は月が夜の間にこぼした《月の雫》とも呼ばれます。
また、花や宝石にもたとえられ、《露華(ろか)》《露珠(ろじゅ)》《玉露(ぎょくろ)》という異称もあります。

重陽の節供

9月9日は五節供のひとつである『重陽の節供(ちょうようのせっく)』です。

中国では奇数を陽の数字とし、めでたいとされてきました。
奇数が重なる日はとくにめでたいとされ、お祝いをする風習がありました。

  • 人日の節供(1月7日)
    1月1日は元日であるため、7日に設定されています
  • 上巳の節供(3月3日)
  • 端午の節供(5月5日)
  • 七夕の節供(7月7日)
  • 重陽の節供(9月9日)

奇数の中でも最大の数である『9』が重なるこの日には、菊を飾り不老長寿を祈ってきました。
ですから、重陽の節供は《菊の節供》とも呼ばれます。

日本でも平安時代には菊を浮かべたお酒で祝ったり、菊の夜露を一晩吸わせた綿で身体をぬぐい、邪気を祓うなどの習慣がありました。

Sponsored Link

大人の雛祭り

重陽の節供には虫干しを兼ねて雛人形を飾り、女性の健康や長寿を願う『後の雛(のちのひな)』という風習もあります。
幸せや長寿を願うことから、『大人の雛祭り』ともされています。

大人向けの落ち着いた、しっとりとした雰囲気のお雛様も販売されているようですね。
ご自分のために雛人形を飾ってごらんになるのも、すてきかもしれません。

秋の七草

春の七草は七草がゆにしていただくものですけれど、秋の七草は目で見て楽しむものです。
『万葉集』の中で、山上憶良(やまのうえのおくら)によって歌われています。

秋の野に咲きたる花を指折り(およびおり)
かき数ふれば七種(ななくさ)の花

萩の花尾花葛花撫子の花女郎花(おみなえし)
また藤袴朝顔の花

『万葉集』山上憶良

…ということで、秋の七草は

  1. 尾花 → 薄(すすき)
  2. 葛花 → 葛(くず)
  3. なでしこ
  4. 女郎花(おみなえし)
  5. 藤袴
  6. 朝顔 → 桔梗のことといわれています

お散歩の途中などに出会えるとすてきですね。


。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

七十二候の記事を書いていると、季節を先取りした言葉をよく綴ることになります。
今の時期ですと、『秋』とか『露』など、まだ実感している季節にはちょっとそぐわないのですよね。
でもこうして一歩一歩次の季節に向かって進んでいるのだなぁと実感させてもらえて、楽しいものです。



七十二候(しちじゅうにこう) ライフスタイルブログ・テーマ
七十二候(しちじゅうにこう)



ランキングに参加中♪ 下の写真をクリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

いろどりのおと - にほんブログ村



Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA