暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

立春と球春到来

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

先週の月曜日以来、久しぶりのジムへ行ってきました。
このところ、とりわけジムへの往復が億劫だということを記事にも書いたりしていましたけれど、この1週間はその気持ちが強くて、ついにおサボり決行してしまいましたよ…(^_^;)
それでも今日行ってみてわかったこと。
行ってしまえば、身体を動かして気持ちがよいですし、楽しい ♪
結局、問題は往復なのだなと。

ちょうどお昼時に会議がぽっかり空くという夫が、モスバーガーに行きたいと言います(我が家周辺にはないの…)ので、ジム終了後に近くのモスバーガーで待ち合わせることにしました。
テレワークって、こういうところは自由でいいなぁと思います。
中抜けを上手に使えるところ。

行きだけはウォーキングするつもりだったのですけれど、結局帰りも歩いちゃいました。
毎回こんな気分で往復できたらよいのですけれどね。
それでも往復に1時間以上…は、やっぱりかかりすぎでもったいないな~とも思います。

Sponsored Link

さて、今日は二十四節気の『立春』。
昨日が124年ぶりに2月2日の節分だったということは、立春が2月3日なのも124年ぶりということかしら?

立春は二十四節気の最初の節気で、暦の上では春になるとともに、新しい年の始まりでもあります。
年賀状に『新春』『迎春』などと書くことにも、その名残がありますね。
この日を基準にして、『八十八夜』『二百十日』などの節目の日が決められていきます。
実際には1年で最も寒い時期、耳をすませても春の足音はなかなか聞こえてきませんよね。

そして、昨日までは《寒中お見舞い》だったお手紙も、今日からは《余寒お見舞い》と切り替わります。
ちょっとしたことですけれど、知っておきたいことでもあります。

七十二候では《東風解凍(はるかぜこおりをとく)》です。
《東風》とは春風のこと。
春風が池や湖、川などに張りつめた厚い氷を溶かし始める頃という意味です。
春の小さな足音ですね。

私にとっては《球春到来》が気持ちをワクワクさせてくれます。
ニュースでも野球の話題が増えてきました。
昨年は開幕が遅れたこともあって、ついこの間まで試合をしていたような気がしないでもないのですけれど、それでもキャンプの話題が始まると、あぁ春がやってくるのだなぁと思います。

たとえその光景が無観客で多少寂しいものであったとしても、選手やスタッフがPCR検査を受けたという話題であったとしても、選手たちの様子が見られるだけで嬉しいです。

今シーズンは田中将大投手が楽天に復帰するというビッグな話題もありますしね。
優勝時にバッテリーを組んでいた嶋捕手は、我がヤクルトに在籍しています。
また優勝に貢献してほしいな~。
え?ヤクルトが優勝なんて何を言っているのかですって?
まぁまぁ、夢を見るくらい、よいではないですか(*^^*)

とにかく新型コロナウィルスの影響をあまり受けることなく、予定どおりに開幕してほしい、シーズンを最後まで戦い抜いてほしいと願っています。


☆・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚

今日はね、新しいおもちゃを手に入れてしまったのです(#^^#)
でもまだ開封して簡単な設定をして、ちょっと使ってみただけですので、ご紹介は改めて。



ランキングに参加中♪ 下の写真をクリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

いろどりのおと - にほんブログ村



Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA