暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

作曲家すぎやまこういち先生の訃報

昨日は悲しいお知らせが飛び込んできました。

私が愛してやまない《ドラゴンクエスト》シリーズの音楽をずっと作り続けてくださった、作曲家すぎやまこういち先生の訃報です。

第1作が発売になったその日から、私は夢中になってドラゴンクエストをプレイしてきました。
音源がごく限られていた初期の頃から、ゲームの中で流れる音楽はゲームの世界観にピッタリで、さぁ次はどんなことが起こるのだろうとワクワクする気持ちを、どんどん盛り上げてくれたものです。
それ以来、ドラゴンクエストだけは発売日当日に手に入れて、リアルタイムでプレイしていますから、もう35年のお付き合いになります。
その中で使われる音楽の全てを、すぎやま先生はおひとりで作曲されたのですよね。

いつかオーケストラの演奏を生で聞きたいと思いつつ、まだその機会には恵まれずにいます。
CDは何枚も持っているのですけれど。

ご高齢だということはわかっていました。
でもなぜか、すぎやま先生は永遠にドラゴンクエストの曲を作り続けてくださると思っていたような気がします。
今でも『序曲』を聞くとワクワクした気持ちになりますし、元気が出てきます。
『序曲』を聞きながらウォーキングをしていた時期もありました。
どこまででも歩いて行けるような気がするのですよね。
ふとテレビから流れてきたりすると、ハッとテレビ画面に視線が向きます。
私の身体の中には、もうドラゴンクエストがすっかり根付いてしまっているのだと思います。

今年開催されたオリンピックの選手入場で、いきなり『序曲』が流れたときには身体が震えました。
オリンピックという大舞台で使われる、日本を代表する曲なのだ!と改めて実感しました。
最後にすぎやま先生に恩返しができていたとすれば、少しは心が慰められます。

ご自身もゲームが大好きで、とりわけドラゴンクエストを愛されたというすぎやま先生。
これからも先生の音楽はドラゴンクエストとともにあります。
そして、私たちドラクエファンの愛と心とともにあります。
これから先のドラゴンクエストの音楽がどうなっていくのか…今はちょっと考えられません。

すぎやまこういち先生、長い間本当にお疲れさまでした。
心よりご冥福をお祈りいたします。
合掌。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

にほんブログ村

いつもありがとうございます。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA