暮らしを豊かに彩ってくれる趣味・お気に入りのことあれこれ…そして思うこと

今は仕事を続けているほうがいいと思う理由

何だか落ち着きのない生活をしています。
慌ただしいというかリズム感がないというか…?
あぁ、生活リズムが整わない生活という表現がピッタリくるかもしれません。

夫は今年に入ってから週1日のテレワークが定着しました。そして、有給休暇を積極的に取得する生活も相変わらずです。そうすると、3日しか出勤しない週も珍しくないのですね。それなのに、今日などはプロジェクトの関係でお昼前に出勤して仕事をし、夜から明朝はホテル待機だとか。

長男の生活は今までどおり。早いときは朝6時前に出かけていくこともあり、9時過ぎに出てもいい!という日もあり(ごくたま~に)…です。そして帰宅は相変わらずの深夜帯。不規則極まりない生活も7年目となりました。

次男は先月までは朝早く出勤して、比較的早めに帰宅する日が多かったのですけれど、今月は出かける時間が遅くなりました。その分帰宅時間もうしろに動いています。年度末に向けて、さらに変更があるという話も小耳に挟みました。

大学生がいる家庭では、とにかく朝の動きが一定しなくて落ち着かない!という話をよく聞きます。授業に合わせて寝起きするということも珍しくないですものね。
でもね、camomille家は全員社会人(あ、長男は半分ですけれど)。
本来なら、朝はほぼ決まった時間にピシッと出かけて行ってもいいはずなのですよね。

それが何と、週によっては家族全員が出払っている日が1日しかない!などということが起こっています。

毎日毎日、家族みんなが違う動きをすることで、朝の時間が気ぜわしくなります。
私ひとりが自分のリズムで動こうとしても、なかなか難しいのです。
使おうと思った場所を他の家族が使っていたり、今はちょっと…のタイミングでわりと大事な話を持ちかけられたり…ということも含めて、家族全体の動きが予測できないためにどうしてもバタバタしてしまう…。《いつものルーティン》を設定しづらくなっています。

でも、思ったのです。
こんなときこそ、仕事は続けていたほうがいいな~と。
私はこの時間には家を出る!と決めることで、私自身の過ごし方も気持ちも割り切れるような気がします。出かける時間で一旦リセットするのです。
そうでないと、家族の動きに翻弄されていつまで経っても家事が終わらないとか、家族に振り回されるとか、妙な考えを持ってしまいそうで。

このところ、仕事を続けている意味を見失いつつある私です。
やりがいとか収入とかいろいろな面から見ても、《どこまでがんばるべき?》という気持ちが常に頭にあります。
ただ、仕事があるからこそ趣味にかけるお金も手に入るわけですし、自由時間のありがたみも痛感します。そして今の落ち着かない時間の流れをうまく泳ぐためにも役立っているみたい。
…となると、仕事に関してあれこれ考えるのは止めて、淡々と業務をこなすのが得策なのかもしれないな~と、ちょっとだけ意味を見出したりしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA